taru05

稲:超像可動っていうフィギュアがあるじゃないですか。僕、毎月新しいのが出るたびに買ってて。今まで買ってなかった分も遡って、多少値が上がってても構わず買ってるんですけど。その女性も毎月買ってるらしいです。

上:へーすごいね。

稲:お金がどんどんなくなる。「実家暮らしだからいっぱいは買えないけど、一人暮らし始めたらこれじゃあ済まない」って言ってましたね。もっと買うって。



上:今、女性でジョジョ好きな人いっぱいいるんですよね。

稲:川澄さんがあんなに好きだと思わなかったですもん。

上:こないだゲストに来ていただいたとき、湯水のごとく…

稲:いくらでも喋れるでしょう。

上:そうそう(笑)

稲:第一部と第二部の中入りというか、頑張ろう!みたいな会へ行った時もすごい語ってましたもんね。

上:稲田さんもね。

稲:俺、遅れて行くなり全開でした。

上:「俺、こういう仕事やるために声優になったんすよぉ!」って。

稲:心からあの言葉が出ました。こういうアニメやりたくて声優なったんすよ、って。

上:現場でも言ってましたね。

稲: あれは嘘偽りない言葉ですねえ。僕が中学生の時に見ていたアニメってこういうの多かったんで。正直、今は俺が出られるようなアニメってあんまりないんで ね。若い女の子がいっぱいの作品が多いんで。少々生きづらいな、と思いながら生活してるんですけど。「あ、俺の生きる場所がここにあった」と思いました。 いやー気持ちよかった。充実感を毎回感じてましたよ。

上:音楽とOP、EDの印象はどうですか。

稲:音楽へのこだわりが半端ないですよね。サントラがすごい枚数になってるらしいです。

上:曲のオーダーの数が普通のアニメの倍以上らしくて。大河ドラマってシーンごとに曲つけていきますけど、それと同じやり方なんですよね。もちろん汎用性の高い曲もあるんだけど。

稲:アニメを見返してみると「この曲、そういえばここでしか流れてない」ってありますよ。

上:こないだ、OPをカラオケで歌ったそうで。

稲:第一部のOPを。テレビサイズなら歌えるかなってことで歌ってみたんですけど…まー気持ちいいっすねえ。高らかに歌いました。あれ、フルだと最後のシャウトが半端ないじゃないですか。あれは自信ないんですけど。
上:いやーいけるんじゃないですか?

稲:練習します。ボイストレーニングの課題曲にしようかな。

上:イベントでTOMMYさんにお会いしたんですけど、体格から声から何から稲田さんとイメージ重なるんですよ。

稲:マジっすか?お会いしてみたいなぁ。

上:やっぱりパワフルでないと、こういう歌は歌えないんだなぁって思いましたもん。

稲: 昨今のアニメにはない重厚感というか。いい意味で暑苦しい感じ、あれはビックリしましたね。もっとオシャレな感じで攻めてくるのかなぁとか、下手したらイ ンストみたいに歌詞のない感じで入ってくるのもアリかなと思ってたんですけど。ど・アニメソングでしたね。ベタアニメソング。

上:「ジョジョッ」「ジョジョッ」って。

稲:主人公の名前連呼してるわーって。完全に昭和ですよ。

上:でも、ちゃんと原作のキーワードを散りばめてあって。相当これ考えて上手くできてるなぁって。

稲: 原作を踏まえた上での、あの歌詞で。そうなってくると、この先の主題歌もいろいろ聴いてみたいですよね。全然表情の違う主題歌になってくるでしょうし。第 二部はもう判明してるけど、第三部、第四部とかも。第四部とか、どんな感じなんだろうなー。世界に広がった舞台が一つの街になって、全然違う物語になるだ ろうし。非常に楽しみです。この先絶対やってほしいですね。ジョジョの原作が続く限りアニメで追いかけていってほしい。スタンド能力が絵で動くところが見 たい。願わくば、別の引出しを開けてまた出演したい。

上:ははは(笑)

稲:タルカスで出たのを幸いとばかりに、岩波さんに「別の引き出しで、またぜひ呼んでください」って言ったんですけどね。「稲田くんの後ろに、すごい順番待ちの行列がいるんだよ」って。

上:そうでしょうねー。

稲:「みんな出たがってるんだよ」って。だから、もう一回整理券もらって並びなおしました。いつ順番回ってくるかな、ファストパスもらいたいな、ぐらいの。

上:やってみたい役とか、ありますか。

稲: なんでもやりたいっすねえ。これは絶対やりたいっていうより、みんな言いたい台詞言ってるし。敵側の人も味方側の人も素敵じゃないですか。第二部のエシ ディシとかどうなるんだろう?と思って見てましたからね。カーズとかもどんなイメージなんだろうと思ってたら、ああこういう感じかーって。重厚な感じでく るのかなと思ってたら、カッコいい方向かとか。いちファンとしてキャスティングは楽しみにしてます。そこにぜひとも自分を差し込みたいところなんですけ ど、けっこう客観的に受け止めて「この人かぁ。絶対いいわぁ」って(笑)「ワムウ、絶対いいわぁ」ピッタリ、みたいな。

上:やっぱりこの人、っていうキャスティングの人もいるし、あっこの人?って思ったら…

稲:ハマッてるっていうのもありますよね。

上:今回その辺のキャスティングの妙もありますよね。

稲:絶妙ですよね。みんなの中のイメージと入口は違うかもしれないけど、たどり着くところは一緒のような気がするんです。アニメが始まって、自分の中の脳内キャスティングを回りのジョジョ好きと話し合ったりしたんですけど、選択肢はいっぱいあるんですよ。

上:うんうん。

稲:明確に「この人はこれじゃないと絶対ダメ」みたいなのは無くて。それもアリだよね、ああそれもアリ、って。みんなの意見が違うんですけど、あれも見たい、そっちも見てみたい、みたいな。だからきっと、キャスティングの会議は楽しいだろうなぁって。

上:アニメ化になるって決まった時から、みんなネット上なんかでキャスティングの議論はしてたと思うんですけど。正直、当てた奴っていないんじゃないかなって思って。

稲:そうですね。意外な線ばかり。

上:「この手があったか」みたいな。

稲:納得してるでしょうね。

上:僕らもギリギリまでキャストを知らないので、現場で会って初めて「おお…」ってなるんですよ。それが楽しみで。また、皆さんいい台詞を出してくるから。

稲:こだわり十分なね。

上:そこでまたスタジオの温度は上がっていくし。

稲: これだけ長い原作を凝縮してるから、その熱量がすごいんですよね。上がりっぱなしで下がる暇がない。2クールのアニメだったらクールダウンする回があって もいいのに、ないですからね。Aパートで頂点まで行って、Bパートでもっと上までいっちゃった、その繰り返しですもんね。



ブログパーツ