spw4

上:台詞とかも独特で、作品自体のノリが昨今ではちょっと珍しいタイプですけど。

岩:そうですねえ。

上:キャストさんも初めて来る人は、ちょっと面食らいますよね。

岩:スタッフの人もそうですよ。「テストからこんな熱いんすか?」「そうすよー」って。

上:キャストの方でも、最近こういう役を演っていらっしゃらないとか、こういうタイプの役は初めてっていう方がいっぱいいらっしゃったと思うんですけど。何か印象に残ったことありますか。この人がこんな役で意外、とか。


岩:意外っていうのは無いですけど。稲田くんとかさ。

上:ああ。

岩:タルカス。もうさ…大っ好きじゃない。

上:ジョジョがね(笑)

岩:アフレコ終わっても「ウオー!」みたいな。(声真似で)「岩波さぁん!俺ね、こういうのやりたくて、声優なったんっすよぉ!」みたいな。(※上田さんが笑い続けている)

上:そうそうそう(笑)

岩:「も、サイコーっす!」

上:(笑)

岩:声、でけー(笑)

上:普段の喋り声がタルカスみたいにデカいんですよね。

岩:あぁそうかいそうかい、みたいな。

上:オフの時の川澄さんがジョジョ大好きだったとかは。

岩:川澄さんも熱いですからねー。僕も、わかんないこと川澄さんに訊いたりする。

上:今まで川澄さんともけっこう沢山お仕事をなさっていたと思いますけど、ジョジョがあんなに好きだっていうのは。

岩:全然知らなかったです。普段からあまり声優さんと親しいわけじゃないので。

上:あ、まぁそれはそうですね。

岩:第一部をやっていて、中入りか何かの時に御飯食べながら(稲田さんの声真似で)「第二部のキャストどうなんですか?」

上:言ってましたね。

岩:シュトロハイムが伊丸岡くんで「あ、いいっすねぇ!」

上:ものすごい興奮してましたよね(笑)

岩:「いいっす!最高っす!」

上:ははは(笑)

岩:ただのファンだったよね(笑)「いいすよ!岩波さん!」

上:スタッフの方もみなさん基本的にはジョジョ好きな方が多いですから、時々、あの…『俺ジョジョ』で意見が分かれるっていう話を聞いたんですけど。

岩:うんうん。

上:そのあたりの調整に時間が…みたいなことをチラッと現場で仰ってて。

岩:最初のうちだけでしたね。

上:ああ、最初のうちだけでしたか。

岩:キャストさんもそうだし僕らもそうだし、「こっちの方向性だ」みたいなのが掴めてきてからは、アフレコもめっさ早いじゃん。

上:まぁそうですね、確かに。

岩:あんなガンガン、みんなテストから張ってたら、そんな何回もできないよね。

上:そうですね。

岩:声ガラガラになっちゃうよね。スピードワゴンさん、説明ガーッと言った回とか「喉、きつ~」みたいなのないですか。

上:きつ…かったんですけど。

岩:ふふふ(笑)

上:イベントでも言ったんですけど、一番きつかったのは第7話のツェペリさんが1回真っ二つにやられちゃって「こんなこと残酷すぎる!うわーっ」ていう台詞あったじゃないですか。

岩:うんうん。

上:あれが、肉体的に一番きつかった。なぜかというと「残酷すぎる!」っていうところで一回、ぐっと力の入った状態で、そこから…

上・岩:「うわぁあああー!」

上:って言うので。

岩:あー。うんうん。

上:開放しちゃうと、喉がちょっと。

岩:ダメなんですね。

上:締めつつ…

岩:締めつつも張る。一番負担かかる台詞です。

上:音的にはたぶん開けたほうが安定するんですけど。

岩:ただ、悲しみは出ないんですよね。

上:そうなんですよ。

岩:(開けた声で)「ああーっかなしいー」って言っても。

上:そうなんですよ。

岩:(締めた声で)「ツェペリさんッ…!」ってやらないと。

上:あの台詞からオフにいくんで、僕的にはちょっと伸ばしが足りなくてもいいかなって思ってたんですけど(笑)ダメだった。

岩:ああ。「ちょっと短かったですねー」って、酷いよねあれ(笑)ギリギリってのはわかっててもさ。もうこれ最後だからこの台詞。リテイクも一番最後にやったと思う、あれ。

上:そうそう(笑)

岩:一応そのへんは気を遣って、もうそこで声なくなっちゃったらまずいぞ、いや、ここでなくなってもいいや、とか考えたんですけどね。うわーって、長めに泣いたらちょっと悲しみが伝わりづらいしね。

上:スピードワゴン、彼は結局、実際に戦ってないんですよね。でも、想いはしっかり形にしないといけないから、血が出るような叫びにしたいというのは、僕の中にあったんです。

岩:追い込んで良かったです(笑)

上:いやいや(笑)OA見て、追い込んでいただいて良かったなと思いました。

岩:「よくやった、俺」って?「頑張った、俺!」

上:引き出していただいたなって思いました(笑)

岩:ありがとうございます。ひとえに上田さんのおかげでございますよ。

上:とんでもございません。

岩:今日ね、こんな裏方の話ばっかりで。

上:いえいえ。

岩:だって聞いてる人さ、興津くん来て、エリナ、川澄さん来て、次はツェペリさんかな?ディオかな?……俺か?みたいな。

上:いやいや、ここいらでちゃんとスタッフの、調整室の向こう側では一体何が起きてるのかっていうのを伝えないと。製作の裏側って知りたいっていう皆さんの要望がありましたんで。今日、本当はもっといろいろ訊きたいことがあるんですけど、なかなか時間が。

岩:お役に立てたかどうか。

上:とんでもございません。今日あんまり第二部の話とか訊けなかったんで、もし機会があればぜひ。

岩:あぁ、またブッキングに困ったらぜひ。「じゃあ岩波さんでいいや」って。もうちょっとしたら津田くんとかも、作業終わるんで。

上:ははは(笑)困らなくてもぜひぜひ。またよろしくお願いします。

岩:ありがとうございました。

上:今日は本当にどうもありがとうございました。


エンディング


上:JOJOraDIO、第6回いかがだったでしょうか。音響監督の岩波美和さんと、こんなにガッツリ作品のことをお話する機会というのも初めてでございまして、色んなお話が聞けて興味深くて。僕も前のめりになって、マイクにぶつかるんじゃないかという勢いでしたけれども。本当に熱の高い現場なんだなというのがヒシヒシと伝わる、色んなお話が聞けて…僕は幸せです。

上:さて、こんなメッセージをいただいております。

リスナーメール(20歳・女性):(ラジオの第1回目、第2回目を聴いてからDVDを見るとさらに面白かった)

上:そうでしょ~?(笑)

リスナーメール(同):(アニメを見るのがさらに楽しくなるのでラジオを楽しみにしています)

上:ありがとうございます。まさにこの番組の狙い通り、この番組を聴いてからアニメを見るとさらに楽しんでいただけるというような、そういう構成になっております。これからもそういう番組になるように沢山のお話を聞いていけたらなと思っております。
ではそろそろお別れの時間です。次回のJOJOraDIOもどうぞお楽しみに。お相手はスピードワゴン役の上田燿司でした。


ブログパーツ