jonabura

岩:もちろん作品は読んでいたんですけど。他の人たち、同世代、同時代でこれを見ながら育ったっていう人ばかりなんですよ。連載25年の歴史があると。気後れしましたよ。「ヤバい」って。応えられるんだろうか俺は?みたいな。

上:過去にも、原作があって、原作ファンがしっかりついてて、っていう作品はおやりになったことがあると思うんですけど。それとはもう桁違いの。

岩:やっぱり人気の度合いとか、積み重ねてきた年月とかが半端ないじゃない。25年ですから。ちょうど僕も音響監督を始めて25年ですからね。「俺が?!」みたいな、そういうプレッシャーはけっこうありますね。

上:ほー。


岩:スタッフそれぞれの中で考えるジョジョの姿や台詞の言い回しに、ズレとか齟齬があったりするんですけど。僕は若干中立というかフラットな立場で、「作品全体の流れでこんな風にしませんか」みたいなのを、かえってジャッジしやすかったかなと思います。

上:ああ、なるほど。

岩:割と俯瞰な感じでジャッジができて。かえってこう…まぁ僕、普段の仕事でもそうなんですけど、あんまり先入観を持って現場に行かない。僕の場合ですけど、例えば演技のイメージとか組み立て方とかイメージしすぎちゃうと、それから外れた時に「違う」と思っちゃうじゃないですか。後から考えると「あれ?あれでも良かったんじゃない?」みたいなことも、往々にしてあるわけですし。

上:ああ。

岩:なるべく、パッと聴いたときのインスピレーションで。その場その場で判断していって、修正すべきところは修正していこうとか、そういう風に仕事するようにしようとはしてるんです。

上:なるべく自然な、その時の現場の空気で。

岩:変な先入観みたいなものは、なるべく持たないようにっていう。

上:じゃあ、ファンの思い入れの深いところのジャッジは、アニメの方のスタッフさんの意見を取り入れながら、っていう。

岩:そうですね。相談しながら。特に最初の第1話、第2話くらいまではディスカッションして、もっとこういう言い方があるんじゃないか、とかやってたんですけど。まぁでも、すぐ固まった感じはしたかなー。

上:ああ。

岩:そんなに悩みはしなかったです。逆に言うと、原作があれだけ力強いものだからそんなにね。そこから逸脱するということはできないんで。原作の魅力をどうやって伝えるかの方に注力した、という感じですね。

上:キャスティングのことなんかで、もちろん岩波さんは関わりますよね。

岩:うん。

上:そこでどういうあたりを気にしたとか、ありますか。

岩:スピードワゴンさんが一番大変だったよ。

上:ああ…らしいですね。僕も後から聞いたんですけど。

岩:第一部・第二部のジョジョからエリナさん、シーザー、割とトントンと決まったけど、スピードワゴンはなかなか決まらなかった。

上:他の方は第一部、第二部とまとめて。

岩:そう、まとめてやったの。よーいドンでオーディションやって、けっこうな数のオーディションしたんですけど、スピードワゴンさんがなかなか決まらなくて。最終的には色んな人の御意見で決めるんですけども。それでも最終的な長(おさ)というか、演出の監督は津田さんですから。津田さんが「うん」と言わないと決まらない。それで津田さんと話して、これこれこういうイメージなんだよって聞いた上で「上田さんはどうでしょう」って、急遽もう一回テープとってもらった。そしたら「これです!」って。

上:うわー…ありがとうございます。

岩:一発で決まったの。

上:僕、塩屋翼さんや伊丸岡くんと、時々一緒に飲むんです。後にして思えば、あの時あれの話してたんだって記憶が…。僕、その時はまだ呼ばれる前だか、テープ録った時だかで。

岩:うんうん。その時に、塩屋さんとか伊丸岡くんとかが、何の作品のことかは言えないけども、「あれ…」って?

上:そう、でかいやつで、って。

岩:「今回、お前も受けたの?」みたいな。

上:受けたのかって話は出なかったんですけど、塩屋さんはずっと音響監督やっておられて、久々に大きい作品でガッツリ声優として出るっていうお話があったので。それが僕、ずっと繋がってなくて。直前まで、僕らも誰がツェペリさんを演るのか知らなかったじゃないですか。だから「ツェペリさん誰だろ?誰だろ?」って、ずーっと周りに聞きまくってたっていう。

岩:ははは(笑)まぁ、公にしてなかったですからね。本当にギリギリになって決まりましたよ。

上:スピードワゴンは、なんで決まらなかったのかというか、どこがピンとこなかったのかっていうのは。

岩:スピードワゴンの立ち位置って、サッカーで例えるとわかりやすいと思うんですけど、トップ下みたいな。ジョナサンなんかにパス出して、シュート決めてもらえる。パスも出すし守りもするしみたいな、広範囲の選手なんですよね。説明役でもあるし。縦横無尽に、変幻自在にやる、みたいな。

上:(笑)

岩:色んな人のオーディションやったんですけどね。ジョナサンに関しては割と早い時期から、津田さんが「彼でいきたい」って興津くんだったの。で、興津くんとのコンビネーションでピンとこないなーっていうのが、こう。

上:はー。

岩:猪突猛進なジョナサンに対して一歩引いて、でもしっかり受けとめて、みたいな。そういう感じの人が、なかなかオーディションでいなくて。僕も長いこと上田さんとお仕事させていただいてますけども、どっちかっていうと守備の底、センターバックみたいな。

上:はい(笑)

岩:汗かいて堅実に守備して試合作ります!みたいな。縁の下の力持ち的な…ね?

上:そうですね。

岩:そういうイメージというか。イメージっていうと失礼かもしれないけど、御自分でもおそらく。

上:そうですね。割とそういう役でお仕事が多い。

岩:それで「上田さんだったらトップ下、いけるでしょう」みたいな。今までセンターバックだったけど、本田とか遠藤とか、あのへんのポジションでもいけるんじゃないか。まぁ、最初に思いつけよって話ですけどね、僕が。

上:いやいや。

岩:さんざん津田さんともお話して、あれこれ考えてみて「上田さんどうだろう」ということになった。それで「これです!」って一発で決まったの。

上:うわーなんか、本当によく、よく…。

岩:(笑)

上:その前で決まってなくて良かった。


ブログパーツ