jojoeri

上:第三部から入ったということは、やっぱりこう、スタンド。

川:はい。

上:スタンドの中でこれは、っていうのはあるんですか。私はこれ大好き!っていう。

川:大好きなのいっぱいあるんですけど、ジョジョの中で一番印象深いのが…ダービー兄なんですけど。ダービー兄のオシリス神っていうスタンドの。集英社の担当の方にも荒木先生にぜひ伝えてくださいっていうメッセージが「私、表面張力っていう言葉をジョジョで知ったんです!」っていう。

上:あっはっはっは(笑)あのね、コインをこう入れていくやつね。

川:そうなんです。中学くらいの頃の私にとってはあれ、衝撃で。

上:ああ。



川:表面張力スゲー!みたいな。チョコの欠片ひとつでそんな変わるんだ!って。私にとってダービー兄が一番印象に残ってるっていう、ちょっとマニアックするぎるかもしれないんですけど(笑)

上:いやあ、でもあのシーンって変な話、僕は第三部全部読んでるわけじゃないですけど、あれだけ何か知ってるんですよ。

川:ですよね。

上:あれ有名らしいんですよ。

川:やっぱり、あれすごいんですよ。脱脂綿を指で隠してとか、細けえー!って。スタンドの戦いだったはずなのに細けー!

上:そうそうそう(笑)スタンドちょっと脇になってますもんね。

川:スタンドじゃない、ミリ単位の戦いをしててすごい好きなんですよ。

上:チョコ挟むとかね。

川:脱脂綿を手に忍ばせるとか。あれいいですよね。あのエピソード。

上:今回、ジョジョといえばスタンドというイメージがある中で、原点の波紋を改めて見直すというかね。

川:そう、波紋を知らない方とかもけっこう多くて。ジョジョといえばスタンド、みたいな。でも原点はこちらなんでね。

上:あれ面白かったですよね、こんな重い石も持てる!

川:はい。あれはOA見てこんな、通販番組みたいなことになるとは思わなくて。

上:アングルがすごい良いよね(笑)

川:「ジョナサン、その石はどこから?」

上:(笑)

川:ジョナサンも「信じられない!」って(笑)

上:そうそうそう。

川:私も波紋エネルギー、波紋欲しいなーと思いましたね。

上:波紋ってスタンドなんかに比べて、実際の気功とかを元にしてるから。

川:そうですね。なんか出来そうですよね。

上:イメージとしては湧きやすいというか。

川:波紋の呼吸だ!とかいって遊んだ気がします、幼きころ。

上:どんな遊びをするんですか、それは。

川:体育の授業とかでつらいときに「波紋、呼吸が乱れたからだ」とか男子が言ってた気がします。

上:中高生は真似したくなりますよね。

川:やってますよ。それこそ「無駄無駄無駄」とかもそうですけど。

上:面白いのが、今回のアニメ化で改めて、これ(アニメ)から知った人がいるっていう人がいっぱいいて、やっぱりチラチラ、中高生が真似してるっていうのが聞こえてくるんですよ。

川:ああ。あと、なんかよく聞くのが最近、ネットとかの用語だと思ってたものが…

上:そうそう。

川:実はジョジョがオリジナルだったっていうのを知る人が多いって。「そこに痺れる、憧れるゥ!」とか。

上:あまりにも名言すぎて、言葉だけが一人歩きしていっちゃってるっていう。

川:それってすごいことですよね。

上:そうだ、ジョジョ展行ったんですよね。

川:行きました。

上:僕は別の日に行ったんですけど。改めてどうでした?感想っていうのは。

川:第一部少なっ!ていうのが、正直な感想(笑)

上:まぁね(笑)

川:けっこう面白かったのが波紋の床とか。

上:あれね。ファンの方を楽しませようっていう仕掛けがいっぱいあってね。

川:あと、影絵のところの再現率高くなかったですか?

上:そうそう。柱の男。こないだイベントの時もですね、出張で行ってきて。

川:えっ本当ですか?

上:そう。間近でまた。

川:いいなぁ。写真撮れました?

上:それがね、撮れたの。

川:うわっいいなぁ。

上:あれね、ダメだった(撮影禁止)でしょ?

川:そうですよ。

上:だからちょっとラッキーというか。役得役得、みたいな感じで。

川:興津くんが「ジョナサンのピンバッチがいつまでも出ない」って。

上:ああ。

川:ガシャポンのね。興津くんがやりたいやりたいって言ってて。「興津くん、出ないね。じゃあしょうがないから、私がやるね」って私が千円くらいつぎ込んだら出たんで、あげました。

上:やさしい(笑)

川:「えっ!いいんですか!」って言うから「いや、興津くんが持ってなよ」って。

上:へっへっへ(笑)

川:だから徐倫とか7個くらいあるんですけど。

上:大好きなジョジョの原画を間近で見たときの、その感想っていうのは。

川:第一部のパワフルな感じから、どんどんスタイリッシュになっていきますよね。

上:そうそう。

川:荒木先生の色彩感覚とかって漫画の域を超えてて、現代アートみたいになってるから。

上:後半にいけばいくほど、洗練されていくっていうか。

川:岸辺露伴がシュプールとコラボしてたのとか、あとGUCCHIですよね。GUCCHIのコラボの絵とか、本当にかっこいいんですよ。

上:ちゃんと成立しちゃうっていう。

川:しちゃうんですよ。他のアニメとか漫画だと難しいかもって思うくらいの馴染みっぷり、ファッションとか。

上:改めて思ったのが、おそらく荒木先生が元々モードとかそういうのに御興味がおありで、色々参考にして描いておられたものが、どんどん自分のものになっていったっていう。それで御自分の独特の表現に昇華していくあたりがスーッと順を追って見られたから。あっすごいな、と思って。

川:そうですよね。最初もしかしたら、先鋭的すぎるというか、それが時代が追いついてきたみたいな感じもあるぐらい、センセーショナルですよね。色使いとかデザインとか。

上:ジョジョ立ちとかもRanwayのモデルさんのポーズとか、あのへんからインスピレーションを持っていらっしゃるのかなとか、その時にわかって。だから美しいし人を惹きつけるのかなと。皆そこに惹かれて、というか。

川:やりたくなりますよね、ジョジョ立ち。

上:ジョジョ立ち大会とか行きたかったんじゃないですか。

川:行きたかったです!

上:(笑)

川:だから取材とかでこう、ね、ジョジョポーズを。興津くん、すごい上手なんですよジョナサンのポーズ。

上:はっはっは(笑)

川:すごいマスターしてるんですよ、今もう。

上:フィギュア、あの時に買ってね。毎日あれ見ながら練習してるんじゃないですかね。

川:あれけっこう高かったんですけど。興津くんの耳元に「興津くんが買わなくて誰が買うの」って。「もうなくなっちゃうかもしれないよ」って、ずーっと。

上:なんか…ことあるごとにプレッシャーかけますね(笑)

川:でもそれはね、「買ってよかったです川澄さん」って言われましたよ。

上:(笑)



エンディング


上:JOJOraDIO、第4回いかがだったでしょうか。前回に引き続き川澄綾子さんをお迎えしてお話しいただきました。大のジョジョファンということで、私なんかより沢山御存知だったものですから、一言質問を投げかけると沢山返ってきますので、進行としてはとてもやりやすくて(笑)ありがとうございましたという感じでございます。

上:さて、番組にまた沢山のメッセージをいただいてますので、ご紹介させていただきたいと思います。

リスナーメール(31歳・男性):(2歳の息子と一緒に見ています。息子が大きくなったら自分の単行本をプレゼントするつもりです)

上:ありがとうございます。次回も素敵なゲストをお呼びしてですね、ディープなジョジョ愛の話をお届けしたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。ではそろそろお別れの時間です。次回のJOJOraDIOもどうぞお楽しみに。お相手はスピードワゴン役の上田燿司でした。


ブログパーツ