jonas05

上:だから本当に、皆ありえないくらい温度をガッー!と上げて、それもまたくどいくらい、繰り返しとかもあるから。だからゲストで後から来た、ブラフォードの津田さんなんかも若干、最初は面食らってたみたいで。

興:なんかキャラがクールな人の方が、余計に「どうやってクールだけど熱くもっていくのか?」みたいな。しかも朝から収録だから。

上:必ず洗礼というか、皆そこの道を通る。

興:初めて来た時、みなさんちょっとビックリされますよね。
上:そうそう。「戦えい!」の「い!」をちゃんと言ってください、っていうのと、小っちゃい「ッ」、ビックリマーク、これをやってくださいっていうのと。

興:「あ」も。

上:本当に一文字単位で演出をされるので。

興:あとアドリブというか、動きのところで「ていっ」とか「はっ」とか飛んだり殴ったり、蹴られたりしたときの音とかも細かく。

上:(アドリブを)入れて良いのかちょっと迷うときもありましたよね。

興:そう、適当には入れられないなと思って。原作ずーっとチェックしてましたよね、そこは。

上:うん。

興:文字として残っているのであれば、絶対そこをこう…。

上:必ず現場に原作が置いてあって、自分の台詞は自分で責任取る、みたいな。

興:そうそうそう。「見てきてね」って言われましたから。

上:こっちから申告して「実はもっとこう違うイキリなんですけど」って。自己申告で原作準拠にしたところもありましたよね。

興:ありましたね。台本に書いてあるからこれでOKかなと思ったら、原作見たらここ、違うぞって。あと、ここ書いてないからいいかなと思ったけど、原作見たらここで「おりゃ」って言ってるぞ、とか。

上:そうそうそう。だから、動いてるんだったら「おりゃ」を入れよう、とか。

興:蛇がバッて来た時に捕まえるシーンがあったんですけど。

上:ああ、指の間にね。

興:ここ何かアドリブを入れなあかんな、と思ったわけですよ。「ふん!」とかでいいのかなと思ってたんですけど、漫画を見たら「おりゃ」だったと。じゃあ「おりゃ」と言わないわけにはいかない。

上:原作準拠っていう意味では、いわゆる効果音の書き文字が出るでしょ?

興:ドドドドド。ゴゴゴゴゴ。

上:すべてではないけど、チョイスしたコマは画面自体に。僕らはアフレコするときは未完成の絵を見て録らないといけないんですけど、その時点である程度、ここには入る、っていうのはもうあって。

興:あれもビックリしましたね。

上:ビックリしたでしょ、最初。

興:しました。

上:あ、出るんだ、って。

興:けっこうでかく、こう。ズキュゥゥウウンって入ってましたもんね。

上:監督もおっしゃってたけど、「音も入りますから」って。

興:うん。「すごくこだわって効果音作ってますから」って…「楽しみにしててください」って言われたんだけど、結局(アフレコ中には)第1話しかわからなくて。

上:そう、皆さん早くから録っていらっしゃるんですけど、僕らがちょうど、一部の最終回…

興:第9話の収録の直前に第1話のOAをやった。

上:というタイミングなんですよね。僕らもそれで初めて、あっこういう出来上がりになるんだ、みたいな。

興:感動しましたね。

上:ね。

上:音楽が入って、その盛り上げ方が凄いな、と思って。

興:ありましたね。第3話最後のディオとジョナサンの戦いを見てたら、家でVTRチェックしてたら、急に♪ダラッダーダーダラッダラって。

上:そうそう(笑)

興:「えっ!」

上:(笑)

興:「音ついてっぞ!」と思って。オープニングまだ聞いてないのに、ここだけ音入ってる!って。

上:普通は無音のものを渡されて、僕らは家で練習するんですけど。あの対決のシーンだけは最初っからもうBGMがついてたんですよね。

興:うん。だからイメージはしやすかったですよね。

上:イメージもだし、これはプレッシャーだなっていうのも、なきにしもあらずで。

興:こんだけ盛り上げるからな、と(笑)

上:そうそうそう(笑)

興:お前らやれよ、と。

上:曲に負けるなよ、と。

興:でもなんか聞いたら、シーンごとに違う音楽を発注して作ってるって。

上:数も、だって相当…。

興:似た曲かなと思いつつ、やっぱり違う。

上:ものすごく厚みのある曲だったじゃないですか。

興:ええ。

上:オーケストラで演奏してるような、クラシックなタイプのBGMが多かったんで、そんへんの印象なんかも僕はすごくあったんですけど。OA実際に見てて、うわこれは、っていう…現場では感じなかったこととかありました?

興:スピードワゴンさんが格好よかったあの、初登場のときの。

上:僕の話ばっかり…(笑)

興:いや、曲調が急に変わったじゃないですか。(笑)

上:あ、そうそう。確かに。

興:帽子くるくる回してるあたりとか、こういう曲も使うんだ、って。

上:振り幅が実はけっこう広いっていうね。

興:あとエンディングの入り方が。ずるいぐらい格好いい。

上:それはねー。

興:ずるいぐらい。

上:やっぱりあれはED曲がROUND ABOUTっていうのが。

興:YES!イエスイエスイエスイエス!

上:あれが実は全曲聴いていらっしゃらない方はご存じないかと思いますが、8分半くらいあるんですよね。

興:長い長い曲ですよね。これどうやってEDに入れるんだろうと思ってて。

上:そうそう。だから結局、その中でどこから入ってどこで終わるか、みたいなところすごく、岩波さんが考えてました。第2話の入り方がやっぱり痺れましたよ。こうきた!っていうのがね。

興:こういう使い方してくるんだ、っていうのがね。毎回楽しみでした。あとツェペリさんが戦いに挑むところ。

上:第6話の。だってあれもう…最後の方はBGMもガーッて盛り上がってきてて。

興:うん、最後にツェペリさんが左手をね、振って上げるんですよ。あれが超格好よくて。

上:あれはけっこう、皆さんあのエンディングの印象にあるみたいですよ。

興:ただの間抜けなオヤジじゃねーぞって。

上:そうそう(笑)急にね。

興:やるときはやるぞ、つって。

上:そうそう。
ブログパーツ