jonas02


興津和幸:ズルいのがね、おいしいとこ全部持っていくんだもん。俺なんていつも必死で全力出すじゃないですか。

上田耀司:うん。

興津:ジョナサンっていつも全力で戦って、その時の体調如何によっては絶対負けてる、みたいな。余裕とか皆無なので全力勝負。戦い終わったら絶対倒れてるじゃないですか。で、そのあと全部…

上田:いやいやいや(笑)

興津:ぜんーぶ持っていく。To be continued...って映ってるときは大体スピードワゴンさんが映ってる。いいな~スピードワゴンと思って。

上田:違うちがう、違いますよ。後をね。ちょっとだけアレするだけでね。熱いものが前にガーン!とあるから、それに乗っかっていってるだけのことですよ。何を言ってんだ(笑)

興津:まぁ、そう言っていただけるなら(笑)スピードワゴンさんがいなかったらジョナサンもこんな頑張れてなかったんだと思いますけどね。

上田:意外とね、会話そんなにしてない。

興津:してないですよ。だから「君は関係ないから帰れ」つって、第3話で。

上田:ウィンドナイツロッド行く時も「俺もだぜ!」って言っても誰も何も言ってくれないんだもん。

興津:みんな「なんでこの人ついてきてるんだろう…」って絶対思ってる。いきなり人ん家でマッチに火つけて。

上田:はっはっは(笑)

興津:「ゲロ以下の臭いがプンプンするぜぇーッ!」つって。

上田:(笑)

興津:でもあそこでスピードワゴンさんがいなかったら、ジョジョはやられてましたからね。ディオに。

上田:あそこはね。でもね、第3話で、この番組の温度がもう一段上がったなって。

興津:上がりましたね。第3話で最終回だって気持ちでやりましたもん。

上田:あれはでも、けっこう原作の連載自体もそういうノリで。

興津:そうでしたね。空気が違いましたね。

上田:特にBパート、止まんなかったでしょ?

興津:すーごい気持ちよかったんですよ。

上田:ねえ。ちょっと異常な雰囲気になって。

興津:異常でしたか。

上田:えっ?

興津:僕ね、全然わかんないんです。自分がやってると、ほんとに。

上田:ああ。

興津:「ディオがこうきたから、こう返さなきゃ俺は負ける」としか思えなくて。

上田:本当に戦ってる感じだったもんね、みんな。本当にスタジオの中が燃えてる、みたいな(笑)錯覚を起こすような雰囲気で。

興津:スピードワゴンさんが火おこしてたんでしょう(笑)

上田:そんな(笑)

興津:脇でもずっと「上に逃げちゃダメだぁー!ジョースターさぁーん!」って(笑)

上田:こっちも必死だったんだよ。

興津:熱い男だなぁと思って。最後は大川さんのナレーションがね、こう。「蹴った!」って。




上田:興津さんが、キャラを演じる上で心がけていることはありますか。

興津:(第3話は)一区切りって言ったら一区切りじゃないですか。

上田:うん。

興津:でも第一部は続いていて、第9話までいくわけで。どうやって差をつけようかなと思ってすごい悩んでたんですけど、もう体を変えるしかない、と。収録中にどんどん鍛えはじめたんですよ。

上田:ほおー。

興津:うまいことやんないと、出せないなと思って。

上田:そうだよね。

興津:走りきれないっていうか。物理的に体に要求されるものが多い現場だったよね。

上田:多いですよね。

興津:テクニック的な感じで演るのもなんか嫌だったし、それだったら自分のベースを上げていけば強くなれるんじゃないか、と思って。

上田:なるほど。静かに話す系のアニメだとしたら、もうすでに感嘆符がついてる音量で来てて。

興津:そうそう。

上田:その上に技でも出そうもんなら。

興津:出そうもんなら(笑)

上田:ガン!ってこう、二段、三段て、ギアチェンジしていかないといけない。

興津:急に成長するでしょ?

上田:第4話も詰め込み量としてはすごくあった。

興津:ツェペリさん登場の回ですね。

上田:あそこで初めて、波紋っていうのが出てきて。そのへんを消化するのが大変だっただろうなと思ったんですけども。

興津:呼吸を文字で見たら「コォォーッ」だけど、「コォォーッ」って…息どうやってやるんだろうと思って。

上田:たしかにね(笑)

興津:イメージしてたのがアンディ・フグ(※空手家、キックボクサー)の呼吸法(笑)

上田:ああー。アンディ・フグって「コォー」ってやってた?

興津:コォー、コォォォーッつって。

上田:やっぱり原作も、まったく何もないところからじゃなくて気功とかから文字に起こしたのが「コォォー」なわけだからね。

上田:僕もワゴンでずっと…ワゴンとか言っちゃった(笑)

興津:(笑)

上田:スピードワゴンで、解説長いのをずーっとやんなきゃいけないでしょう。そうすると呼吸が。

興津:そうそう(笑)

上田:呼吸配分間違えると、もう最後まで台詞のケツまで完走できないっていうのがあるから。そういう意味では話とリンクしてる感じはあって。

上田:オーバードライブ最初に言う回に、ものすごいプレッシャーをかけていった人がいましたね。現場でね。

興津:川澄綾子さんですか(笑)

上田:川澄さん(笑)




興津:誰よりもジョジョ好きだったエリナさん。

上田:「みんなが言いたい台詞、言えるんだからね」って。あれ強烈に印象に残ってて(笑)

興津:まぁまぁまぁ…そうだな!と思って(笑)

上田:(笑)

興津: 「震えるぞハート!」をね、なんか自然に、極力言いたいじゃないですか。1回目だからそれをどうやったら自然に言えるかなーっていうのを考えてはいたんですけど。
自分の気持ちを「波紋探知機だ!」つって、伝わって伝わって伝わって、で、ハートが震えて、っていうのをイメージして。なんかもうそれしかないな と思って。

上田:そうだね。ありえないような、日常では絶対言わない台詞だったりノリだったりするんだけど、ただ「あるからこの通り言いました」だと、やっぱりねえ。

興津:リアリティがなくて薄っぺらな台詞になっちゃうので。とにかくこの言葉を言うだけの感情というか心情というか、それをいかに作るか、っていうのがね。

上田:そうだね。

興津:皆さんがそういう思いでやってたから自然とそういう気持ちになっていったのかも、と思います。


ブログパーツ